YouTube音楽をCDに焼く方法

前回はYouTube動画をDVDに焼く方法をご紹介しました。今回は、YouTube音楽をCDに焼く方法をご紹介します。

YouTubeは世界中で最も大手の動画共有サイトです。毎日たくさんの面白い動画がアップロードされているだけでなく、音楽も動画の形式で多く投稿されています。多くのユーザは自分の好きな音楽チャンネルを登録しているでしょう。YouTubeサイトで音楽が聞けるとはいえ、CDに焼いて、CDプレーヤーまたは車で聞きたい人が多いです。それで、この記事に、YouTube音楽をCDに書き込む方法をご紹介します。

YouTube動画から音楽を抽出する

YouTube音楽をCDに焼くには、最初にYouTube動画から音楽を抽出するのは必要です。

YouTube動画をダウンロードできる無料ソフトは多くあります。YouTube動画を直接MP3にダウンロードできるソフトも少なくないです。

こちらの記事には、使用可能なYouTube音楽ダウンロード方法をまとめましたので、ご参照ください。

WindowsパソコンでYouTube音楽をCDに焼く

上記の方法でYouTube動画から音楽を抽出した後、後はCDライターで音楽をCDに書き込むことです。

音楽をCDに焼くには、Windowsパソコンの場合、Windowsメディアプレーヤーを使用するのは一番簡単です。

以下はWindowsメディアプレーヤーを使ってYouTube音楽をCDに焼くための大まかな流れです。

Windowsメディアプレーヤーの起動

デスクトップ画面左下の『スタート』⇒『全てのプログラム』を押すと、プログラム一覧が表示されます。その一覧の中から『Windows Media Player』を選択して、起動します。

Windowsメディアプレーヤーを起動

画面右上の「書き込み」タブをクリック

YouTube音楽をCDに焼く手順1

設定

「書き込みオプション」(書き込みオプション)をクリックして、表示された一覧から「オーディオCD」をクリックします。

YouTube音楽をCDに焼く手順2

CDに書き込みたい音楽を追加

画面左側から「音楽」をクリックし、書き込みたい曲を表示したら、目的の曲を「書き込みリスト」にドラッグします。

YouTube音楽をCDに焼く手順3

YouTube音楽をCDに書き込み開始

「書き込みリスト」に目的の曲が表示されていることを確認し、「書き込みの開始」をクリックします。

YouTube音楽をCDに焼く手順4

MacパソコンでYouTube音楽をCDに焼く

MacパソコンでYouTube音楽をCDに焼くには、通常の方法はiTunesを使用します。iTunesはiPhoneやiPadを管理するソフトですが、CD書き込みやCD取り出し機能も備わります。

iTunesを使ってYouTube音楽をCDに焼く手順は以下のとおりです。

  1. iTunesを立ち上げてプレイリストを作成します。CDに入れたい音楽をプレイリストにドラッグします。
  2. 「ファイル-プレイリストからディスクを作成」をクリックして、設定を調整します。
  3. オーディオCDは既にデフォルトに選択されていますので、「ディスクを作成」をクリックしてCD書き込みを開始します。

iTunesでYouTube音楽をCDに焼く

以上はWindows及びMacパソコンでYouTube音楽をCDに書き込む方法です。音楽CDを作成したい人の参考になれば嬉しいです。