WindowsやMacパソコンで動画をスローモーション・倍速再生する方法

動画編集時に、動画の再生速度を調整したいことがあるでしょう。本記事には、動画ファイルの再生速度を早送りやスローに調整して、スローモーション動画またはタイムラプス動画・早送り動画の作り方をご紹介します。

Movavi動画キャプチャープロを使って動画再生速度を調整

Movavi動画キャプチャープロはPC画面録画、専門動画編集、webカメラ録画などの機能を1つにまとめる高機能ソフトです。この一本で、ウェブ動画の録画から動画の作成・編集まで全てできます。Movavi動画キャプチャープロを使って動画の再生速度を早送りやスローに調整する方法は以下のとおりです。

Movavi動画キャプチャープロのダウンロードとインストール

以下のダウンロードボタンをクリックして、ソフトをダウンロードしインストールします。

Windows版無料体験Mac版無料体験

動画ファイルをソフトに追加

ソフトを立ち上げて、[ビデオの編集]をクリックして、動画編集画面を開き、フル機能モードを選択します。

ビデオの編集

下図を参照して、スローモーションまたは早送りにしたい動画をソフトに追加します。
ビデオコラージュ

動画の再生速度を調整

「クリップのプロパティ」ボタンをクリックして、ツールを表示します。ツール画面で、速度の調整バーがあります。そのバー上のスライダーを左に移動すれば、動画はスローモーションになります。右に移動すれば、動画は早送りになります。

動画速度変更

動画のエクスポート

動画再生速度を調整完了後、ソフト画面の左下にある「エクスポート」ボタンをクリックして、動画の出力設定をして開始を押します。それで、スローモーション動画またはタイムラプス動画・早送り動画が作成されます。

保存

以上はMovavi動画キャプチャープロを使ってスローモーション動画またはタイムラプス動画・早送り動画の作り方です。動画再生速度調整の他に、オーディオ再生速度の調整も可能です。やり方は動画再生速度の調整とほぼ同様です。