iPhone動画のサイズを小さくする(動画圧縮)方法

何の場合に、iPhone動画を圧縮する必要がありますか?

iPhoneの空き容量が不足している時

現在、iPhoneのメモリーは32GB、64GB、128GBという3種類があります。iPhoneはAndroidスマホのように、microSDカードを挿入することができません。それで、iPhoneで動画を撮影することが好きであれば、いつかiPhoneの空き容量が必ず不足します。もっと多くのiPhone空き容量を開放するには、iPhoneの動画を圧縮するのはいい手段です。

iPhone動画をTwitterなどのSNSサイトにアップロードしている時

TwitterなどのSNSサイトに投稿する動画に対して、サイズ制限があります。例えば、Twitterの制限は512Mb以下です。もしご投稿になりたい動画のサイズはその制限を超えれば、iPhone動画のサイズを小さくしなくていけません。

メールでiPhone動画を友人に送りたい時

メールに動画を添付して、友人に送信する場合、動画サイズは最大制限を超えて添付できないことがありますか?その場合、iPhone動画のサイズを圧縮しましょう。

iPhone動画を圧縮する方法

iPhone動画を縮小するためのアプリが多くあります。iPhone動画圧縮アプリでは、iPhone動画のサイズを大いに小さくすることができます。

ビデオシュリンカー

itunesでチェック

『ビデオシュリンカー』は、iPhoneに保存している動画のサイズを圧縮できるアプリです。動画のフレームサイズ、ビットレート、フレームレートを指定することで、簡単に分かりやすくファイルサイズを小さくできます。

使い方

このアプリの使い方は以下のとおりです。

  1. アプリを起動します。それで、iPhoneに保存されている動画が一覧で表示されます。サイズを小さくしたい動画を選択します。

    iPhone動画圧縮1

  2. 選択したら、以下の画面が出ます。ここで、フレームサイズ、ビットレート、フレームレートの調節ができます。各項目にあるバーを左右に動かすことで数値を調節できます。調整する時に、「ファイルサイズ」が増減するのを確認できます。その後、「コンバート」をタップします。

    iPhone動画圧縮2

  3. サイズが縮小された動画が表示されます。右上に元のサイズと縮小後のサイズが表示されているので、どれだけ圧縮したかひと目で分かります。「写真」に保存をタップして保存します。

    iPhone動画圧縮3

  4. 最後に、圧縮前の動画をiPhoneから削除します。

    iPhone動画圧縮4

この使いやすいiPhone動画圧縮アプリで、動画のサイズを簡単に縮小できます。動画でiPhoneの空き容量を圧迫しているとお困りの方、ぜひインストールして使ってみてください。