【詳解】iOS 11をiOS 10にダウングレードする方法

Apple社の一年に一度の世界開発者会議「WWDC2017」で、iOS最新バージョンである「iOS 11 beta」が発表されました。当日、開発者向けに最初のベータ版「iOS 11 beta 1」がリリースされました。

iOS 11の新機能を一刻も早く体験したいiPhoneやiPadユーザは「iOS 11 beta 1」をインストールして使ってみたでしょう。

iOS 11 beta 1はiOS 10に無い新機能が多くあるとはいえ、ベータ版ですので、安定性など様々な問題がまだあります。体験した後、iOS 11 Beta 1をiOS 10に戻したい人がいるでしょう。現在iOS 11の初期ベータ版からiOS 10.3.2、iOS 10.3.1、そしてiOS 10.3.3ベータ版のいずれかにダウングレードすることが可能です。ここでは最新のiOS 11を体験したものの、以前のバージョンに戻したいというユーザーのためのダウングレード手順を紹介します。

iOS 11ダウングレードの事前確認事項

iOS 11をiOS 10にダウングレードするには、以下の事項を確認してください。

  • データのバックアップ:iOS 11をiOS 10に戻す途中で、万が一トラブルが起きてしまったら、大切なデータが失われる可能性があります。そのため、iOS 11からiOS 10に戻す前に、大切なデータをバックアップしておく必要があります。
  • 時間の確保:iOS 11ダウングレードには、データの消去、バックアップからの復元などを実行するので、ちょっと時間がかかります。そこで、iOS 11からiOS 10にダウングレードする時に、十分な時間を確保しておく必要があります。
  • ネットワーク環境の確認:ネットワークの接続が不安定または低速の場合、iOS 11のダウングレードがうまくいかなかったり、失敗したり、不明な故障が発生したり可能性が高いです。それで、不安定/低速なネットワークの利用は避けてください。
  • 電量の確認:バッテリー残量が50%未満のときは、iOS 11ダウングレードができないので、フル充電かつ電源を接続した状態でダウングレード作業を進めたほうが安全です。

iOS 11からiOS 10にダウングレードする詳しい手順

iOS 11からiOS 10にダウングレードする詳しい手順は、こちらをご参照ください