Youtube録画の違法性・バレる可能性・罰則 | 合法でYoutubeを録画する方法

YouTubeは最も大手の動画共有サイトです。人気なバンドや歌手のミュージックビデオから、おもしろいYouTuberの新作動画、映画やドラマの宣伝CMやメイキング映像などまで、様々なジャンルがあります。また、多くの有名人はYouTubeライブ配信を行っています。

好きな有名人のYouTube生放送を録画したいですが、ネットには「Youtube動画の録画は違法」などという極端な話は散見され、YouTube生放送の録画を諦める人がいるでしょう。では、今回、Youtube録画が違法であるかどうか、違法なら、合法のYouTube録画方法があるかどうかについて、ご説明致します。

Youtube録画は違法か

YouTubeの利用規約には、次のような記載がある。

「お客様は、本サービス上のセキュリティに関連する機能、本コンテンツの利用や複製の作成を防止、制約する機能、または、本サービスまたは本サービス上の本コンテンツの利用に制限を付す機能について、これらを回避、停止、またはその他の方法により妨害しないものとします。」

利用規約によれば、YouTubeを録画することは禁止されるかとぼんやりしてしまう。ただし、YouTube本体では、ダウンロードと録画機能を提供しない。これは少なくても、YouTube側はコンテンツをダウンロードと録画することを提唱しないの証拠となるではないか。それに、録画とは「取得する」って意味で、ダウンロードと同じ結果が得られるので、「ダウンロード」は規約で禁止されているが、「録画」は許可されるわけじゃないだろうか。

一方、著作権についての法律法を調べてみて、以下のような内容が見つかる。

「自分自身や家族など限られた範囲内で利用するために著作物を複製することができる。ただし、デジタル方式の録音・録画機器等を用いて著作物を複製する場合には、著作権者に対し補償金の支払いが必要。」

それにより、著作権で保護されるコンテンツを録画することは、はっきりと禁止されている。著作権者に対し補償金を支払うと大丈夫だというような気がするが、普通に、YouTubeを録画する前に、わざわざと動画を配布したYouTuberと連絡を取って、録画や補償金の相談をするわけじゃないだろう。知らないうちに著作権を侵害していた、トラブルに巻き込まれる。

Youtube違法録画バレる場合の罰則は何か・捕まるか

YouTube利用規約で著作権のあるコンテンツのコピーを禁止しているから、Youtube録画は利用規約違反には当たるとは言える。

YouTube側が著作権に関する方針と罰則

「YouTubeは、YouTubeの著作権に関するポリシーに従い、特定のユーザーが反復して著作権を侵害する行為を行っていると判断する場合には、そのユーザーによる本ウェブサイトへのアクセスを停止します。侵害行為を二回を超えて通告されたユーザーは、反復して侵害行為を行っているものとみなします。」

日本国内の法律によって、Youtube録画がバレる場合の罰則
まず、YouTube録画で逮捕されるのは有り得ない。なぜなら、著作権で保護されたコンテンツを録画することに対する刑事罰が存在しないからである。

違法ではあるが、以上言った通り、あくまでも民事上で著作権者に対する損害賠償請求権と差止め請求権が発生するのみなので、民事不介入の原則に伴い、警察は介入できないのである。

発覚したとして、YouTubeを録画した事で発生する著作権者への損害額の支払いと、録画した現物の差し押さえが行われて終わりである。言い換えれば、著作権侵害は親告罪なので、権利者が訴えない限り何事も起こらない。

『ラジオライフ』2016年7月号に掲された内容によると、市販品を複製して売れば、不正競争防止法により5年以下か500万円以下の罰金などの罰則があるという。

ところで、ネットで公開などせず、自分自身や家族など限られた範囲内で利用するために著作物を複製することは、当然違法行為となるが、ばれるどのよう罰を当てるかとはっきりしないが、これまでグレーゾーンであった。

YouTube側、あるいはサイバー警察はどうやって録画した事実を把握するか

著作権侵害は「親告罪」と言って、被害者からの被害届が無ければ捜査自体行われない。YouTube違法録画については、その録画した情報は、その違法データがあるサーバーのログにしかない訳だが、強制捜査権を持たない一般の権利者がその様なサーバーのログを見る事などできず、被害届も出せないため、違法録画でまず警察が動く事がない。

つまり、録画したデータを勝手に第三者の動画共有サイトに違法アップデートしない限りセーフ、というわけである。

合法のYoutube録画方法があるか

YouTube録画はすべてが違法なわけではないので、有料ソフトを使おうが、無料ソフトだろうが、録画だろうが、その点は無関係である。あくまでも「何を保存するか」の一点だから。

ポイント
タイトルラベルがボックスからはみ出るようなデザインです。重要なポイントなどを強調したいときに使うのがおすすめです。

録画しても著作権侵害のトラブルがあまり発生しないYouTube動画の特徴:

①.あまり知られていないYouTuberによって配布される。
②.再生回数は少ない。
③.海外のYoutuberによって配布される。
④.「引用禁止」や「無断転載禁止」というような言葉が書かれていない。
⑤.ずっと前からアップロードされた。

超簡単で合法でYoutubeを録画する方法

PCでYouTubeを録画できるアプリは沢山ありますが、細く設定することが可能で、洗練された高画質・高音質のままで出力でき、ゼロからの初心者でもわかりやすい使い方、録画した動画の編集などから考えると、Movavi画面録画プロが最もおすすめです。

Movavi画面録画プロは動画録画、動画編集、静止画撮影、静止画編集機能を備える一体型ソフトです。録画した動画の画質は良いです。MacとWindowsの両対応です。以下はYouTube生放送の録画手順です。

  1. 以下のダウンロードボタンをクリックして、YouTube生放送録画ソフトをPCにダウンロードしインストールします。

    Win版無料体験Mac版無料体験

  2. ソフトを立ち上げます。ソフトの主画面が表示されます。

    立ち上げ画面

  3. 「画面の録画」ボタンをクリックして、画面録画ツールを開きます。画面録画領域を指定します。システムオーディオとマイクを同時に録音可能です。「設定」に進み、もっと細かい設定ができます。設定完了後、赤い録画ボタンをクリックして録画を開始します。

    MovaviでAmazon動画を録画2

  4. 録画を終わるには、同ボタンを再度にクリックすればいいです。すると、録画したファイルがプレビューされます。確認して問題がなければ、画面の右下の「名前を付けて保存」をクリックして動画を保存します。

    MovaviでAmazon動画を録画3

  5. 【オプショナル】更に編集が必要の場合、上図の右上の「エディタで開く」ボタンをクリックして、編集をしてください。
このYouTubeライブ配信録画ソフトに搭載されている動画編集機能は動画編集専門ソフトに劣らないほど素敵です。それで、このソフトはPC画面録画ソフトだけでなく、動画編集ソフトでもあります。