iPad/iPhone動画ダウンロードアプリまとめ

新幹線や長距離バスなど、長く乗っていないといけない交通手段だと退屈でしょう。

特にそういった乗り物は電波を拾いにくいので、普通にウェブ上で視聴していると動画の読み込みが激しくなる時があります。そういった時に事前にiPhone動画ダウンロードアプリで動画をダウンロードしておけば最高の暇つぶしになるかもしれませんね。

iPad/iPhone動画ダウンロードアプリまとめ

AppStoreのアプリ審査ガイドラインに「動画をダウンロードする機能を持つアプリはリジェクトされる」と明記してあります。言い換えれば、AppStoreが動画ダウンロードアプリを認めていないので、iPhoneには動画ダウンロードアプリが非常に少ないです。探しに探して、以下のiPhoneダウンロードアプリを見つけました。

参考 iPhone 8にYouTube動画をダウンロードする方法

Clipbox

ダウンロードして、動画を見たり音楽を聴ける万能アプリ。色々なサイトからダウンロードをし、オフラインの所でも再生することができます。また、自分のプレイリストを作ることができ、とても楽しめるようになっています。

それに、バックグラウンド再生搭載もしているので、スマホを閉じた状態でも音楽を楽しむことが可能で、すごく便利になっています。でも、広告があるのは迷惑です。

Clipboxで動画をダウンロードする方法はこちらへどうぞ

データクリップ(Data Clip)

iPhoneで写真や動画などのデータを管理しておく事が出来るアプリです。

Web上にある動画や画像をアプリ内にクリップ保存しておけば、電波の届かない圏外の場所でもいつでも好きな時に動画を見る事が出来ます。もうキャリアの通信量制限も気にする必要が無くなります!上記clipboxと同じく、アプリ内に広告が入ります。

iTunesから入手

Mediatap

Mediatapはインターネット上にある『電子書籍』、画像、動画をタップするだけで、あらゆる電子書籍を簡単にスマホにダウンロード&保存してくれる超便利ダウンローダーアプリ。

ブラウザをタップし、アドレスバーにURLを直接入力、又は検索ボックスからキーワードで検索します。アプリの下メニューにある、下を向いた矢印のアイコン、『一括ダウンロードアイコン』をタップしてもをタップすると、ページにある画像も一括してダウンロード出来ます。

メリットとしては、広告が無し、幅広いフォーマットの動画の再生に対応可能、マイナーな動画サイトにも対応可能ということが挙げられます。

iTunesから入手

多くのiPhone動画ダウンロードアプリはiTunesで公開されてしばらくすると、配信停止になります。ここで紹介する三つのiPhone動画ダウンロードアプリ、特に超高人気のClipboxとMediatapは今でもiTunesで公開されています。