【無料・有料】無劣化のMac動画変換ソフトオススメ5選

Mac動画変換ソフト

動画のファイル形式を変換し、対応していないプレイヤーや端末などでも再生可能にするために利用できる動画変換ソフトウェア。本記事では、無料・有料のMac動画変換ソフトを7つご紹介します。

Mac動画変換ソフト7選

Mac用の動画変換ソフトを機能性と使いやすさの順でご説明致します。

Movavi動画変換ソフト

Movavi動画変換ソフトはWindowsとMacパソコンで使える変換ソフトで、動画、写真、およびオーディオファイルを希望の形式に高速に無劣化で変換できます。「ファイルの追加」ー「形式の選択」ー「変換」という3つのステップで変換でき、使い方が超簡単です。

Mac版無料体験Windows版無料体験

Movavi Mac用動画変換ソフト

Movavi Mac用動画変換ソフトの特徴:

  • 180 種類以上の動画、オーディオ、および画像形式の変換に対応
  • Apple、Microsoft、Samsung、Sony、およびその他のメーカーの200 種類以上の最新デバイス用の形式に変換可能
  • Mac に接続されたデバイスを瞬時に検出できる自動認識機能がある
  • HD および Ultra HD ビデオを含めて、オリジナルの優れた画質で変換する
  • ファイルのサイズを無劣化で圧縮できる
  • 動画の音量を希望の大きさに上げることができる
  • 回転や変換なしでのトリム、映像の手ブレ補正、透かしやタイトルの挿入、品質向上などが可能

Movavi Mac用動画変換ソフトを体験したければ、下のボタンをクリックして使ってみましょう。

Mac版無料体験Windows版無料体験

VideoProc

【VideoProc】はMacとWindowsパソコンで使える、動画ダウンロード、動画編集、動画変換、DVD抽出、動画録画といった機能を備えるオールインワンソフトです。

Win版無料ダウンロードMac版無料ダウンロード

動画をMP4、AVI、MPG、WMV、M4V、MOV、ASF、DV、MP3、WMA、WAV、M4A、AAC、APE、OGG、AC3などの形式に簡単に変換できます。

また、iPod、iPhone、iPad、Androidタブレット、Androidスマートフォン、PSP、Xbox、Apple TVなどのデバイスへの出力にも対応しています。動画から音楽形式にも変換可能です。

VideoProc

VLCメディアプレーヤー

VLCはとても高機能のメディアプレーヤーとしてよく知られています。実際には、その動画変換機能も優れています。それで、WindowsとMacで使える無料動画変換ソフトだとも言えます。今流行っているフォーマット、例えばMPEG-2、MPEG-4、H.264、MKV、WebM、WMV、MP3などにはすべて対応しています。

VLCメディアプレーヤー

Apowersoftフリーオンライン動画兼音声変換ソフト

Apowersoftフリーオンライン動画兼音声変換ソフトは無料で使えるオンラインサービスです。MacとWindowsのブラウザで使用できます。

変換できるのは動画と音声ファイルです。変換機能のほかに、編集機能も備わります。たとえば、動画のトリミング、回転や反転、透かしの追加、音量や再生スピードの調整などが可能です。

でも、ブラウザ依存ですので、機能があまり安定せず、ネットワークがない場合、使えないことはデメリットです。

Apowersoftフリーオンライン動画兼音声変換ソフト

HandBrake

Apowersoftフリーオンライン動画兼音声変換ソフト

オープンソースで開発されている、Linux/Windows/ Macで動作できる動画変換ソフトです。DVD/ビデオファイル/MPEG/ISOイメージファイルなどから、iPhone/iPad/Android/PSP/AppleTV向け動画へ変換できます。

対応OS:Windows Vista/7/8/8.1/10(32/64bit), Mac OS X 10.6/10.7/10.8/10.9/10.10/10.11, Ubuntu

でも、HandBrake Mac動画変換ソフトはインターフェースがわかりにくくて、初心者なら、操作に苦しむかもしれません。

最後に

上記6つのMac動画変換ソフトは機能性と使いやすさから見て、個人的にMovavi動画変換ソフトは最も優れています。ソフトの機能の多様性なら、【VideoProc】がもっといいです。