PCでPUBG録画ソフトとPUBGにおすすめのゲーミングPCについてのご紹介

PUBGは今最も人気なゲームの1つですね。PUBGゲームプレイを録画してYouTubeなどにアップロードする人が多いです。あなたもPCでPUBGを録画したいですか?おすすめのPUBG録画ソフトはMovavi動画キャプチャープロです。

PUBG録画ソフト

PUBG実況はPCに対して高い要求があります。録画ソフトの性能が高くなければ、PUBGゲームプレイをカクカクと録画する可能性があります。Movavi動画キャプチャープロは業界で高性能の録画ソフトで、ゲーム録画に専門対応しております。

次は、このPUBG録画ソフトの導入方法と使い方をご紹介します。

step① PUBG録画ソフトの導入

以下のダウンロードボタンをクリックして、Movavi動画キャプチャープロをダウンロードします。その後、ウィザードに従って、インストールを実行します。

Win版無料体験Mac版無料体験

インストールが完了したら、立ち上げます。以下はその立ち上げ画面です。「画面の録画」をクリックして、動画キャプチャーソフトを起動します。

主画面

step② 録画範囲の選択、録画音源などの設定

オレンジ色の録画枠を調整する、またはキャプチャー領域で設定して、録画範囲を選択します。
録画する音源の選択をします。システムサウンドだけを録音したい場合、そのアイコンだけを有効にします。システムサウンドとマイクの両方を録音したい場合、マイクのアイコンをクリックして、それをオンにします。「設定」をクリックして、もっと多くの詳細設定が可能です。

録画画面

step③ 録画した動画保存と編集

PUBG録画中に、経過時間および録画したファイルのサイズ、ディスク残量がリアルタイムに表示されます。

録画中

「停止」ボタンをクリックすれば、以下のプレビュー画面に進みます。ここで、プレビューしながら、動画のカット編集が可能です。広告などをカットしたい場合、その操作が簡単です。

動画を保存したければ、右下の「名前を付けて保存」ボタンをクリックして保存してください。

録画完了画面

更なる編集が必要の場合、右上の「エディタで開く」ボタンをクリックして、動画編集ソフトを立ち上げてください。ここでは、動画にテキストやテロップなどの追加、フィルタ効果の追加など、様々な編集が可能です。編集完了後、「エクスポート」をクリックして、動画をPCにエクスポートして保存します。

編集

そのPUBG録画方法はとても簡単です。複雑な設定などが不要です。高性能の録画機能の他にも、素晴らしい動画編集機能が搭載されており、録画したPUBGゲームプレイをうまく編集できます。また、録画した動画をYouTubeに直接投稿できます。

PUBGにおすすめのゲーミングPC

PUBGが面白いので、これからPUBGを始める方もどんどん増えていくと思います。「PUBGをやるためにPCを買いたいけど、どれを買えばいいかわからない!」そんな方も増えてきたんじゃないでしょうか。

それらの方々のために、PUBGが動作する最低スペックをまとめてみました。詳細は次のフォームをご参照ください。

OS 64-bit Windows 7, Windows 8.1, Windows 10
CPU Intel Core i3-4340 / AMD FX-6300
メモリ 6 GB RAM
ビデオカード nVidia GeForce GTX 660 2GB / AMD Radeon HD 7850 2GB
DirectX Version 11
HDD容量 30 GB 利用可能
インターネット設備 ブロードバンドインターネット接続

ただし、上記はあくまでPUBGが動作するのに必要な最低スペックであり、快適にプレイするためのスペックではないので注意して下さい。