iPhone 8/iPhone X画面を録画する方法

アメリカ時間2017年9月12日に、iOS11を搭載し、iPhoneの10周年を記念するためのiPhone Xはついに発表されました。

iPhone Xは外観から機能まで、期待以上に立派な機種です。前の機種より、新機能は多く追加されました。最も人を興奮させる新規機能はやぱり画面収録機能でしょう。

今まで、iPhone画面を録画するには、Macパソコンの場合、Quicktimeを使う方法、Windowsパソコンの場合、Airplayを利用する方法、それともiPhoneを脱獄してiPhone録画アプリを使う方法があります。でも、それらの方法は使い勝手が悪いか、安全性が保証されないかという欠点があります。

標準画面収録機能があるので、iPhone8/iPhone X画面録画はとても便利です。

標準iPhone8/iPhone X画面録画アプリの使い方

以下の手順に従ってiPhone8/iPhone Xの画面を録画します。

iPhone8/iPhone X画面録画アプリをコントロールセンターに追加

iPhone8の「設定」を開き、「コントロールセンター」-「他のコントロール」をタップして、「画面収録」の左側の緑の “+”をクリックして、「スクリーンレコーダー」をコントロールセンターに追加します。

iPhone8画面録画1

録音する音源についての設定を行う

iPhoneの画面を下から上へスワイプしてコントロールセンターを開き、「画面収録」アイコンを長くタップします。ポップアップするウィンドウで、マイクオーディオまたはマイクオーディオオンに設定します。

iPhone8画面録画2

マイクオーディオオフにすれば、システムサウンドしか収録できません。マイクオーディオオンにすれば、イヤフォンからの音声しか収録できません。必要に応じて、選択してください。

iPhone8/iPhone X画面録画を開始する

次は、「画面収録を開始」ボタンをクリックして、3、2、1カウントダウンした後、iPhone8/iPhone X画面録画が始まります。録画開始後、iPhone画面の一番上に赤いバーが出ます。

iPhone8画面録画3

iPhone8画面録画を停止する

録画を終わるには、iPhone画面の一番上の赤いバーをタップし、「画面収録を停止」ダイアログが表示されます。「停止」ボタンをクリックすればいいです。その後、「画像」の「アルバム」で録画したファイルを確認できます。

iPhone8画面録画4

とても便利です。今後、iPhoneゲーム実況動画、iPhoneでのビデオ通話、iPhoneで再生する生放送などはすべて簡単に録画できるようになります。iPhone8を入手したら、すぐにこのiPhone8/iPhone X画面収録機能を使ってみましょう。