ライブ/ストリーミング動画を録画・予約録画保存する方法

近年、ライブ動画、生中継配信サイトは増えています。YouTubeやニコニコなどのような大手の動画配信サイトにも、生放送チャンネルを開いています。一般的な動画と違って、生放送はダウンロードソフトで直接ダウンロードできません。素晴らしい内容のライブ動画を保存するには、録画ソフトを使って録画するしかないです。その記事には、ライブ/ストリーミング動画を録画・予約録画する方法をご紹介します。

Movavi動画キャプチャープロでストリーミング動画を予約録画する

PCでの操作を動画でキャプチャーできる上、システムサウンドもマイクからの音声も同時に録音できるので、解説動画の作成にふさわしいです。また、ライブ動画、ストリーミング動画、ビデオ通話なども全て録画保存できます。一般的なPC画面録画ソフトの機能を備えるほかに、予約録画機能も搭載されます。録画完了後、自動的にパソコンをシャットダウンしますので、深夜番組や外出中に再生する番組などを録画したい場合、予約機能があれば助かります。

では、該ソフトの予約録画機能の使い方をご紹介します。

Movavi動画キャプチャープロのダウンロードとインストール

以下のダウンロードボタンをクリックして、Movavi動画キャプチャーソフトをダウンロードします。その後、ダウンロードしたファイルを右クリックして、ウィザードに従ってインストールします。

Win版無料体験Mac版無料体験

ソフトの起動

インストール完了後、ソフトを立ち上げます。下図は該ソフトの主画面です。該ソフトには、画面録画、ビデオの編集、静止画の撮影、画像の編集などの機能が備わります。

Movavi動画録画

予約録画の設定をする

主画面の右上の歯車アイコンをクリックして「環境設定」を選択し、設定画面に進みます。右側からキャプチャ時間をクリックし、「予定通りに開始/終了」をチェックします。開始時間と録画時間を設定します。キャプチャ完了後、パソコンをシャットダウンできます。設定完了後、OKボタンをクリックします。

Movavi画面録画ソフト

後は、設定時間になると、録画が自動的に開始されることです。

ライブ動画視聴サイトを自動で開く

上記の生放送録画ソフトには予約録画機能があります。予約時間になれば、録画が自動で始まります。でも、録画対象のライブ動画のサイトを自動で開くことができません。次は、Windowsパソコンで、ライブ動画視聴サイトを自動で開く方法をご紹介します。

Windowsパソコンのタスクスケジューラを開く

コントロールパネルの[システムとセキュリティ]-[管理ツール]をクリックし、[タスク スケジューラ]をダブルクリックする。コントロールパネルを開くには、スタートメニューなどで「control」と検索すれば見つかる。

タスクスケジューラを開く

タスクスケジューラを開く

タスクの作成

「タスクの作成」をクリックして「タスクの作成」画面を表示する。

タスクの作成

「全般」タブで、名前欄に名前を入力する。それに、「ユーザーがログオンしているときのみ実行する」を選択する。

タスクの作成

タスクの開始時間の指定

「トリガー」タブをクリックして、「新規」をクリックします。ここでタスクの開始時間を指定する。

開始時間の指定

実行プログラムの指定

「操作」タブをクリックして「新規」をクリック。「プログラム/スクリプト」欄の「参照」ボタンをクリックして、ブラウザのアプリケーションを選ぶ。例えば、Chromeを選ぶ。

実行プログラムの指定

実行プログラムの指定

YouTubeライブ配信の視聴リンクをコピーし、「引数の追加」のところに貼り付け。「OK」ボタンをクリックします。これでタスクが作成完了。指定時間になると、ライブ配信のページが自動で開かれる。

後書き

以上はストリーミング動画を録画・予約録画するタスクの作成方法です。このMovavi動画キャプチャーソフトは動画録画から動画編集までの機能を備わります。録画した動画のトリミングやクロップなどの編集が簡単にできます。

Win版無料体験Mac版無料体験