【Mac・Windows対応】YouTube生放送・ライブ動画を録画する方法

GoogleはYouTube動画のダウンロードを防止するために、YouTube動画をダウンロードできると宣伝しているサイトやソフトを多く取り締まりました。この傾向では、今後、YouTube動画のダウンロードができなくなると思います。でも、時々、どうしてもPCに保存したいYouTube動画があるでしょう。この場合、動画録画ソフトでYouTube動画を録画するしかないです。

それで、本記事には、WindowsとMacの両方に対応できるYouTube動画録画ソフトをご紹介します。

YouTube動画をキャプチャーする方法

YouTube動画録画ができるソフトというと、Movavi動画キャプチャープロがとてもいいチョイスだと思います。これはWindowsとMacの両方で動作でき、ウェブ動画やオンライン動画などを全てビデオキャプチャーできるソフトです。機能が多くて、ビデオキャプチャー機能はいうまでなく、動画編集、音声録音、ウェブカメラ録画などの機能も搭載されています。録画機能には予約録画機能もあります。

では、Movavi動画キャプチャープロを使ってYouTube動画をキャプチャーする方法をご紹介します。

手順① ビデオキャプチャーソフトのダウンロードとインストール

以下のダウンロードボタンをクリックして、Movavi動画キャプチャーソフトをPCにダウンロードします。その後、ウィザードに従って、インストールします。

Win版無料体験Mac版無料体験

インストールできた後、ソフトを立ち上げます。立ち上げ画面は下図のようです。「画面の録画」をクリックして、動画キャプチャーソフトを起動します。

主画面

手順② 録画範囲の選択、録画音源などの設定

オレンジ色の録画枠を調整する、またはキャプチャー領域で設定して、録画範囲を選択します。録画範囲をYouTube動画の再生画面に合わせるように調整します。

録画する音源を選択します。システムサウンドだけを録音したい場合、そのアイコンだけを有効にします。システムサウンドとマイクの両方を録音したい場合、マイクのアイコンをクリックして、それをオンにします。「設定」をクリックして、もっと多くの詳細設定が可能です。

録画画面

手順③ 録画したHulu動画の保存と編集

録画中に、経過時間および録画したファイルのサイズ、ディスク残量がリアルタイムに表示されます。

録画中

「停止」ボタンをクリックすれば、以下のプレビュー画面に進みます。ここで、プレビューしながら、動画のカット編集が可能です。広告などをカットしたい場合、その操作が簡単です。

動画を保存したければ、右下の「名前を付けて保存」ボタンをクリックして保存したい形式を選択して保存してください。

録画完了画面

更なる編集が必要の場合、右上の「エディタで開く」ボタンをクリックして、動画編集ソフトを立ち上げてください。ここでは、動画にテキストやテロップなどの追加、フィルタ効果の追加など、様々な編集が可能です。編集完了後、「エクスポート」をクリックして、動画をPCにエクスポートして保存します。

編集

YouTube動画を予約録画する方法

前述の手順①と②のように設定します。その後、アラームクロックアイコンをクリックして、録画開始時間などを設定します。すると、時間になれば、録画が自動的に開始します。録画完了後、自動的に停止するように設定できます。

予約録画

設定

以上は、Hulu動画を録画保存する手順です。Movavi動画キャプチャーソフトは様々な動画録画ソフトのうち、最も使いやすくて、高画質で録画できるものだと思います。録画機能だけでなく、その動画編集機能も素晴らしいです。録画完了後、さらに編集したい場合、Movavi動画キャプチャーソフトは最適だと思います。

Win版無料ダウンロードMac版無料ダウンロード