削除されたiPhone写真を復元する方法

iPhoneのカメラを使って、日々の思い出を撮って保存している方は多いでしょう。しかし、不慮のアクシデントなどでせっかくの写真が削除されてしまったら、どうしたらいいでしょう?今回はiPhoneの写真を復元する方法をご紹介します。

復元方法その1:「最近削除した項目」から写真を復元する

iPhoneでは、「カメラロール」から削除された写真が「最近削除した項目」に30日間保管されます。そのため、ここから写真の復元を行うことが可能です。

復元方法はとても簡単。まずはiPhoneの「写真」アプリを起動し、「アルバム」にある「最近削除した項目」をタップ。その後、復元したい写真を選択して画面右下の「復元」をタップするだけです。ただし先述したように、この項目にある写真は保管期間の30日を経過するとiPhoneから完全に削除されてしまうので要注意です。

削除した写真

復元方法その2:iCloudのバックアップから復元する

iCloudによってiPhoneの写真をバックアップした場合、iCloudのバックアップから復元できます。iPhoneの初期設定画面で「iCloudバックアップから復元」をタップし、Apple IDとパスワードを入力すれば、iCloudに保存されている「カメラロール」や「ビデオ」などのデータがiPhoneに復元されます。

ただし、iCloudの無料ストリージは5GBだけです。それ以上の容量の写真を保存する場合は、ストレージ容量を有料で拡張する必要があります。

復元方法その3:バックアップを取っていない場合、iPhone写真復元ソフトを使う

iPhoneのバックアップをとっておかなければ、上記の方法では写真の復元ができません。その場合、第三者のiPhone写真復元ソフトを使用するしかないです。最近ではパソコンにインストールして使える無料のiPhone写真復元ソフトが数多いです。

しかし、これらのソフトを使ったからといって写真のデータが完全に復元されるとは限りません。現に筆者も何本かのソフトで復旧を試みてみましたが、iPhoneから削除した写真を完全に復元することはできませんでした。

復元ソフトを使ってもどうにもならなければ、iPhone写真復旧を請け負っている業者に相談してみるのもいいでしょう。復旧の作業には費用がかかりますが、無料で診断を行ってくれる業者も少なくありません。

iPhoneは大切な思い出のアルバム。データが消えてしまっても、まずは焦らずに、ここで紹介した復旧作業を試してみましょう。