iPad/iPhoneの空き容量不足?これらの方法で簡単に解消できる

iPhone空き容量不足

iOSをアップデートしようと思う時、又は写真や動画を撮ろうと思う時に、iPhoneのストレージ容量が不足しているというメッセージが出て、できないという経験がありますか?iPhone容量不足で困っている方々は、この記事にまとめたiPhone空き容量を増やす方法をご参照ください。

iPhoneストレージを増やす方法一覧

iCloudを活用してiPhoneストレージを増やす

iPhoneには、iCloudアプリがあります。それでは、無料で5GBの容量のデータを保存できます。「設定」-「一般」-「iCloud」を順にタップし、「写真」をタップします。「iPhoneのストレージを最適化」にチェックを入れたら完了です。

チェックを入れるとiPhoneの容量が少なくなった時に、自動で写真や動画のファイル容量を小さくして保存してくれます。そして、元のサイズのファイルはiCloud上に保存される仕組みです。

クラウドサービスを利用

iCloudのほかに、Dropbox、OneDriveやGoogleフォトなどのクラウドサービスを活用すれば、iPhoneストレージの増加に役立ちます。

アプリのキャッシュを削除する

キャッシュとは、よく使うデータへのアクセスを速くするために、より高速な記憶措置に一時的に保存する仕組みです。この仕組みを利用することで処理を高速化することができます。しかし、iPadやiPhoneを長く使っていれば、キャッシュが多く溜まって、結局に大量のiPhone容量を占めて、iPhone空き容量不足を引き起こす可能性があります。

アプリのキャッシュを削除

そのため、キャッシュを削除することはiPhoneやiPadの空き容量を増やす手段になります。iPhoneやiPad内のキャッシュは、通常、以下の種類があります。

  • Safariのキャッシュ:「設定」-「Safari」-「履歴とWebサイトデータを消去」をタップし、Safariのキャッシュを削除できます。
  • システムのキャッシュ:iPhoneやiPadを使用時に、生成したキャッシュ
  • アプリのキャッシュ:lineやTwitterなどのアプリのキャッシュ

不要データの削除

不要の写真、動画、連絡先、アプリ、メッセージ、メモ、電子書籍などを徹底的に削除します。

iPhone動画サイズを圧縮する

動画がiPhone容量を多く占めている場合、iPhone動画サイズを圧縮すれば、iPhone空き容量を増やすことができます。

外付けメモリで物理的に容量を増設する

Googleフォトなどのクラウドサービスのほかに、iPhoneから直接バックアップが取れる外付けメモリも多く販売されています。Amazonなどで検索すれば、たくさん見つかります。iPhoneに直接挿すと、パソコンやWi-Fiが無くても、写真や動画などのデータを吸い出すことができ、容量が不足した時の保管用に役立ちます。

後書き

iPadやiPhoneの空き容量不足で困っていれば、前記の6つの方法で、iPhoneの空き容量を増加させることができます。最後まで読んでいただいてありがとうございます。他に何かいいiPhone空き容量増加方法がご存知なら、以下のコメントで教えてくれればありがたいです。